読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推しのATMになりたい日常

推敲しない女です。

1年ぶりのブログでハンサム!とドリフェス!の話をします。

※ドリフェス!とハンサムの信者みたいなブログなので、アゲすぎ勘弁しろという方はお気をつけください。 ※ハンサム=アミューズの若手俳優たちが年末に打ち上げる花火。また、そこに出演しているハンサムな若手俳優のこと。昨年SUPERハンサムLIVEからハンサ…

鈴木拡樹という役者――刀ステを観て

舞台「刀剣乱舞」ライブビューイング観てきました! 作品としても面白かったのですが、何と言っても鈴木拡樹さんのお芝居がすごかった。本当にすごかった。推したいと思ったというより、怖いほど魅せられてしまった。ので、推しではない彼のことを刀ステの印…

『オーファンズ』を観て――兄として、弟として、父として、家族として

オーファンズ大千秋楽、見届けてまいりました。 もともと2公演しか押さえていなかったのですが、一回観たあとに即座に東京公演と神戸まで公演を増やして計4回観たのですが、正直もっと観たかった。 色々な方の感想を読んで、ああこんなにも感じることが違…

2015年下半期舞台・イベント個人的感想

だいぶ遅くなってしまいましたが、2015年下半期感想まとめです。 読み手のことをまったく考えていない読みにくさで恐縮です。何か思い出した時に追加することもあるかもしれません。 ⇒上半期はこちら ■7月 映画「青鬼」初日舞台挨拶 4回 七夕ジャンクション …

「俺と世界は同じ場所にある」を観て

「俺と世界は同じ場所にある」観劇してきました! ああ〜アミューズの若手のこういう芝居見たかったの〜ありがとう大好きだよ〜〜心から感謝してる〜〜と思ったので取り留めなく感想など綴ってみます。 当日券もあるらしいので、ぜひ観に行ってみてほしい!…

閑話――私がモンペになる時

時折ふと「事務所が推しをどう売りたいのか分からない」などというモンペ的(と言う表現が正しいのかどうかは分からない)発言をしてしまう事がある。 冷静に考えると「お前は推しのなんなんだよ」とも思うのだが、もう無性に不安になったり腹が立ったりする…

2015年上半期舞台・イベント個人的感想

2016年ももう間近に迫る、師走。 今年はとにかく現場に足を運ぶのを目標に、「現場百回」と刑事ドラマのようなものを掲げながら過ごしてまいりました。 ラインナップはかなり偏っておりますが、ぼちぼちと、今年に観た舞台やイベントのまとめなどをしていこ…

雑記――2.5次元舞台について交々

この記事を読んで、なんとなくぼんやりと思ったことを書き留めておきます。 主観に満ち満ちております。相変わらず推敲はしていません。本当に、この方が語られている通りだなあと思います。演劇オタクにとっては安いのかも、でも2.5次元舞台に来る観客のう…

ドリフェスお披露目イベント行ってきました――2.5次元アイドルとは?

ドリフェスのDear Dreamお披露目イベントに行ってきたぞ! ということで取り留めなく感想というかなんというかをざっくりと綴ります! ◼︎ドリフェスとは まあ詳しくはこちらを見てくれ!バンダイナムコグループ×アミューズが放つゲーム&アニメ連動プロジェ…

仮面ライダードライブについて交々――いつかまたひとっ走り付き合うよ

初めて、仮面ライダーというものを、特撮というものを、追いかけた一年でした。 正直に申し上げますと、見てない回もあるし、映画も見れてないし、イベントも飛天とファイナルしか行けていないので、特撮ガチ勢からすると「追いかけたって言わねーんだよそれ…

『クロードと一緒に』2014年版感想ツイまとめ

ふと思い立って自分用のメモに、2014年版の『クロードと一緒に』両キャストの感想ツイをまとめておきます。――――― 2014年5月18日(日) 22:20 青山円形劇場「クロードと一緒に」稲葉伊達回・相馬伊藤回、立て続けに観た!稲葉イーヴは大小の爆発の連なり、相馬…

『武士白虎〜もののふ白き虎』雑感――懺悔と赦しの物語

※白虎が一部白狐になっていたので直しました!恥ずかしい!『武士白虎〜もののふ白き虎〜』観ました。 東京では二回しか観劇できなかったのですが、大阪に備えて簡単に感想をまとめておこうと思います。 ネタバレあり、セリフはすべて曖昧なので多分間違って…

RENT雑感――平間壮一はただの天使でした。

観てきました!RENT! すっごくよかった!ので、今日は考察抜きにして、とりとめもなく感想を書き留めてみたいと思います。私が見たキャストはこちら↓★9月29日(土)ソワレ ≪日替わりキャスト≫ ロジャー ユナク ミミ ジェニファー コリンズ 加藤潤一 エンジ…

柿喰う客『天邪鬼』を観て――イマジネーションを武装しろ

※ネタバレありの推敲なし野郎です 私が好きな演出のひとつに「劇場の壁が取り払われ現実へと物語が続いていくエンディング」というのがある。なんか簡潔な呼び方があるんでしょうかね、これ。 私は今回『天邪鬼』を観ながら、その演出と同じようなものを感じ…

ナルステを終えて――『FROGS』の松岡広大が「推しの」松岡広大に変わるとき

ライブ・スペクタクル『NARUTO -ナルト-』のDVD発売記念イベントに行ってまいりました。 今年3月21日、東京・渋谷AiiA theaterで開幕し、福岡、大阪、宮城、東京凱旋、マカオ、マレーシアを経て6月10日シンガポール・リゾートワールドセントーサで幕を閉じた…

推しを推しながら思う6つのあれこれ

初めての投稿が安西くんへの気持ち悪い愛を語った文章だったのでもう今更感がありますが、少し自分のことを話してみようと思います。どうも改めましてATM野郎です。 まだまだATMと名乗るには未熟者すぎる私ですが、若手俳優とファッションやメイクと文学が好…

安西慎太郎の「生々しさ」の色気について、交々――安西猿比古に踏まれたい人生だった

カテコでハケる時にハエでも見るような目つきで客席一瞥する伏見に血反吐吐くまで踏まれたいです— saki (@_skkk) 2015, 8月 22 ということで、舞台『K』千秋楽おめでとうございます。お疲れ様でした。 皆さんもご存知の通り千秋楽ではトラブルがあり、それに…